食物アレルギーは「即時型」と「遅延型」の2種類に分けられます。

食物アレルギーについて

食物アレルギーには大きく分けて2種類あります。

 

まずは即時型アレルギーと呼ばれるものです。

これは、アレルギーがあるものを食べるとすぐに症状が現れるものです。
一般的には、食べてから一時間後から四時間後に、じんましんが出たり、肌が赤くなったりする症状が出ます。
時には顔が腫れるなどの症状や、喘息や嘔吐、また下痢などの強い症状が出ることもあります。
そして、即時型アレルギーで一番怖いのが、血圧が下がり意識が遠のくアナフィラキシーショックです。
日本人が好んで食べる蕎麦に反応してアナフィラキシーショックが出てしまうという事例が一時ニュースなどで多く扱われました。

 

もう一つの食物アレルギーは遅延型アレルギーです。

これは、反応する食物を食べた翌日とか二日後といった時間をおいてから症状が出てくるアレルギーです。
症状としては湿疹が一般的に一番多いと言われています。

 

 

食物アレルギーが起きてしまう詳しい仕組みとは?
この食物アレルギーが起きてしまう詳しい仕組みはどのようなものなのでしょうか。

私達の体には、体の中に入ってきた異物を攻撃するIgE抗体と呼ばれる防御システムが有ります。
この抗体が、本来は異物ではない食品に対して過剰に反応してしまうのがアレルギー反応なのです。

 

気をつけなければいけないのは、牛乳を飲んで下痢をしたりするのは食物アレルギーではなく、乳糖不耐症と呼ばれる症状であるということです。
これは、牛乳の中に含まれる糖分を体が分解できないために起きる症状で、アレルギー反応ではありません。

 

ですから、過敏に反応しなくても良いケースが殆んどです。

 

株式会社フィードイノベーションでは、食物アレルギーのある方に向けて豆乳で作ったマヨネーズを販売しています。
特に子供はマヨネーズを使った料理が大好きですが、たまごや添加物を一切使用していないこの豆乳マヨネーズは料理をする際に重宝するでしょう。

 

食物アレルギーを持つ子供や大人が安心して食べられる料理を提供するためにも食材やアレルギーに対する理解を深めていきましょう。最近ではハラルフードも注目されています。