最近よく聞く産地直送をフィードイノベーションが重視していることと一緒にまとめました。

産地直送について

産地直送というのは、農産物が作られたところから、中間業者を介さずに直接家に届くことを言います。

 

では、この産地直送のメリットやデメリットはどのようなものなのでしょうか。

 

 

産地直送のメリットは、生産者の顔が見えるということです
産地直送のメリットは、生産者の顔が見えるということです。

例えば、フィードイノベーションのお米であれば、実際に作っている生産者が誰であるか、どこで作っているのかをすぐに知ることができます。社長自ら生産に携わっているお米ですから、安心して食べることができます。
野菜に関しても、産地直送であれば旬の時期に、一番美味しい野菜がすぐに手元に届きます。

しかも、化学肥料や化学合成農薬を使わない野菜を食べたり、子供に食べさせたりする事ができるのです。

 

飲食店などを経営しているなら、産地直送の素材を使うことによって、他の飲食店との差別化を進めていくことができますし、実際の料理も素材の味を活かしたものとすることができメニューの幅が広がります。
フィードイノベーションは飲食店に向けて様々な種類のバゲットを提供していますが、製粉業に60年以上を費やしてきた経験によって日本人の嗜好似合うような小麦粉を生み出すことができました。
その小麦粉を使って様々な種類のバゲットを作ることにより、フィードイノベーションにしか出せない香りや食感を出すことができています。
製造した後に、冷凍処理が施されて発送されるので、鮮度と品質をそのままでお客さんに提供することができます。
高い品質の農産物や加工品を製造場所が離れていてもすぐに楽しめるというのは産地直送の大きなメリットであるといえるでしょう。

 

 

デメリットは、価格の変動です。
デメリットは、価格の変動です。

一般的な野菜や食品は大手の業者が大量の買い付けをして、大量に発送することからコストを下げ、末端価格を安くすることができます。そして、その価格を一年を通して安定させることができます。
しかし、産地直送の場合は季節によって価格が変動したり、流通コストが高くなってしまったりします。

 

産地直送の農産物などの品質や安心感を考えるとこのデメリットを踏まえても一度は産地直送の商品を試してみたくなるでしょう。